2018アジア巡回 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

2018アジア巡回2018-06-24

본문

 

 

1) 孝情清平カンボジア特別集会
5月28日から29日までの日程で、合計1,784名(カンボジア: 1,764名、タイ役事支援チーム: 20名)が参加する中、カンボジアのバタンバン州ソヒップモンドル(Soheap Mondol)で歴史的な「孝情清平カンボジア特別集会」が神氏族メシヤ家庭を対象に初めて開催されました。この行事にはチャン・ソファール(Chan Sophal)カンボジア第2地域代表、農村開発部のチョン・ペット(Chong Phet)事務次官、ペン・シッティ(Phen Sithy)バタンバン市長を含め、世界平和統一家庭連合チャムローン・ソファール(Chamroeun Sophal)カンボジア会長、ペブ・ハーン(Pheav Hang)ベトナム会長、カモル・タナノパヴァン(Kamol Thananopavarn)タイ会長、ビノッド・ダンギ(Binod Dangi)ネパール会長、天一国宣教師たちも参加しました。
1日目は開会式を皮切りに、役事特講および役事(天宙清平修錬苑文仁杓(ムン・インピョ)国際研修チーム長)、大陸教育特講(龍鄭植(ヨン・ジョンシク)アジア圏域総会長)、特講「真の父母様直接主管圏時代の清平摂理の理解と恩恵」(天宙清平修錬苑李命官(イ・ミョングァン)副苑長)などが行われ、2日目は特講「清平聖地と孝情天苑」(文仁杓チーム長)、先祖解怨式、映像視聴「清平役事、真の父母様、愛の奇跡」、霊肉界約婚式、孝情奉献式、そして最後に祝勝会が行われ、真の父母様直接主管時代の驚くべき役事を実感させる非常に恩恵深い集会となりました。今回孝情清平カンボジア特別集会に参加した食口たちから多くの証しが寄せられました。その中から一部をご紹介します。

 

*孝情清平カンボジア特別集会所感

*証し: 孝情奉献書をとおして授かった子女

*証し: 今日の私の息子の様子を見ると、実に嬉しく、とても希望を感じました

*証し: 一つの球の形で空中に昇られた真の父母様

*証し: 孝情奉献書をとおして成就した私の願い

*証し: 実母との間にいる恨霊を分立

*証し: 勝利した清平を相続すれば勝利できる

 


2) 孝情清平マレーシア特別集会
カンボジア集会を勝利し、マレーシアに移動して、6月2日から3日の二日間、クアラルンプールで「孝情清平マレーシア特別集会」が熱い情熱の中に開催されました。昨年のマレーシア集会は参加人数が約600名でしたが、今回は913名が参加するという、驚くべき役事が起こりました。特に食口たち以外の約300名は、原理も知らず神氏族メシヤ祝福家庭でもない人々を対象に、清平広報のパンフレットや清平の証しの動画を制作し、多くの宗教団体へ訪ねて行って説明をして、その説明を聞いた人々の中から約70パーセントの人が今回の清平役事に参加したいと訪れた、完全に新規の人々でした。これは世界巡回の歴史上初めてのことでした。
1日目の開会式では、ヒンズー教、仏教、キリスト教、シーク教、道教の代表者たちが祈祷を捧げ、山田裕マレーシア会長と共に、それぞれの器に入れられていた水を一つに合わせる儀式があり、真のお父様の自敍伝が感謝のしるしとして各宗教団体の指導者たちに贈呈されました。つづいて龍鄭植総会長の「地上生活と霊界」の特別講義と、李命官副苑長と文仁杓チーム長の躍動的な「清平特講」をとおして、新規伝道者たちも真の父母様の心情と愛に大いに励まされました。今回の孝情清平マレーシア特別集会に参加した食口たちから多くの証しが寄せられました。その中から一部をご紹介します。


*孝情清平マレーシア特別集会所感

*証し: 清平役事が私の子供達を結婚に導きました

*証し: 今回の行事でご一緒された真のお父様

*証し: 私の夫を変化させた先祖

*証し: 私の腕を治してくれた絶対善霊

*証し: 突然花の香りがして