ファミリーフェスティバル in沖繩の役事 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

ファミリーフェスティバル in沖繩の役事2018-08-01

본문


(→関連写真)


7月16日、沖繩コンベンションセンターで「2018年孝情・お盆・解怨ファミリーフェスティバル in沖繩」の大会が開かれ、約2,500名が参加しました。特に今回の大会では神日本家庭連合が推進してきた真の家庭運動に同参する多くのVIPおよび新規食口が参加し、真の父母様を中心した理想家庭を成し、世界平和に貢献することを共に決意しました。
沖繩の英雄をテーマに創られた創作演舞「阿麻和利」の舞台がオープニングを飾り、琉球交響楽団の文化公演と続きました。
今回の大会では、議員を含めVIPが多く参加して席に華を添えました。また祝辞の時間も用意されました。
神日本家庭連合の徳野英治会長は「私が変われば夫婦関係が変わり、私が変われば家庭が変わり、私が変われば世界が変わります」と強調し、結婚の意義と価値、そして幸せな家庭と平和世界をつくために共に考えてみるきっかけになることを願うとして講演をまとめました。
天宙清平修錬苑の李命官(イ・ミョングァン)副苑長は特別講義において、真の父母様による陣頭指揮のもと、驚くべき発展を繰り返えしている孝情天苑・清平聖地について紹介した後、目に見えない世界、霊界を説明しながら清平役事の恩恵を証しました。
つづいて「聖苑のめぐみ」を日本語で歌いながら力強い特別霊分立の時間が行われ、天運を相続して健康と幸せ、先祖たちの解放を懇切に祈る熱い役事が展開されました。
神日本家庭連合と一つになった中で挙行された今回の大会は、沖繩が天の父母様と真の父母様に侍り、真なる家庭を成し、永遠なる幸せの世界、霊界について学ぶ貴い時間となりました。大いなる恩恵を受けた参加者の証しの中から一部をご紹介します。

 

*証し: 孝情奉献書を書いているときにかかってきた電話

*証し: 今までで一番清平を感じた役事時間

*証し: 180度変わった姿

*証し: 白い雲みたいな何かが

*証し: 耳が聞こえるようになった友人

*証し: 動くようになった小指

*証し: 消えた肩の痛み

*証し: 健康が好転

*証し: スッキリした両肩

*証し: 絶対善霊になった母が霊分立をしてくれた

*証し: 全身に天使が入ってくる感じ