7月第3週: 先祖祝福式および霊肉界祝福式 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

7月第3週: 先祖祝福式および霊肉界祝福式2018-08-01

본문


今週は世界各国から合計約7,600名の食口たちが各種修錬会に参加しました。孝情清平修錬生は天に対する孝情の心で真の父母様に喜びの実績をお返しできるように精誠を尽くす中で多くの恩恵を受けました。1週間の便りを恩恵の証しと共に分かち合いたいと思います。


1. 韓国全北教区、2018天運相続清平役事集会 (リンク)


2. Family Festival in沖縄の役事 (リンク)


3. 第1430回孝情清平特別2日修錬会
天一国6年天暦6月9日~10日(陽暦2018/7/21~22)、第1430回孝情清平特別2日修錬会が行われました。開会式で李基誠(イ・ギソン)神韓国家庭連合本部会長兼天宙清平修錬苑長はまず真の父母様のみ言を訓読しました。

 

「真の父母様と一体を成せば、奇跡が起きます。祈祷し、精誠を尽くせば、自ら問題を解決することができます。そのような霊的基盤が準備されているというのです。21年間の精誠の基台の中で自動システムがつくられました。お父様が霊界に行かれて、天上と地上の体系を完全に整理しておかれました。」(2015年9月28日、真のお母様のみ言)

 

その後李基誠会長は「真の父母様と一体を成す」というテーマでメッセージを伝えました。
摂理歴史上一番福をたくさん受けた人々がまさに私たち祝福家庭であると強調し、神氏族メシヤの任命を受けた私たちは、真の父母様の代身者であり、代言者であり、代使者として、み言の権限と愛の権限を行使して、氏族メシヤの使命を果さなければならないということを強調し、独り娘であられる真のお母様、実体聖霊が働く清平役事が神韓国でどのように起きているかを紹介しました。そしてその結果、神韓国で430家庭神氏族メシヤ宣布をした家庭が7月21日付けで458家庭になったことを報告し、食口たちの拍手を浴びました。
真の父母様と一体を成せば奇跡が起きるしかない、勝利するしかない、成功するしかない時代であることを説明しながら、ビジョン2020の実体的な勝利を決意することのできる時間となりました。
その次は2度目の熱い役事がありました。

 

先祖祝福式および霊肉界祝福式
2日目の朝は329代までの先祖解怨式を行いました。
その後、天城旺臨宮殿の大聖殿と小聖殿で1~322代直系、母方、父の母方、母の母方4,141家庭の先祖祝福式が挙行されました。それと同時に302組の霊肉界祝福式も同時に挙行されました。
この日の祝福式の主礼は李命官(イ・ミョングァン)副苑長が行いました。李命官副苑長は祝辞にて、先祖祝福をとおして4つの罪(原罪、遺伝罪、連帯罪、自犯罪)を整理することができることを強調し、霊をテーマにした韓国映画『神と共に(신과 함께)』を例であげて説明し、先祖解怨をとおして先祖の恨みを解くことがどれほど重要なことなのかを悟らせました。
真の父母様が一生の間苦労されながら祈祷した目的は、まさに天の父母様を解放することであり、先祖を解怨することであると強調し、先祖解怨をするために真の父母様が血と汗と涙の蕩減路程を歩まれたことを知らせました。また祈祷と精誠の生活、真の父母様のみ言を中心とした生活と公的な生活をとおして、祝福を受けた先祖たちと霊肉界祝福を受けた相対者たちが積極的に協助して天運を得るようになると強調して祝辞を終えました。
真の父母様が直接主管してくださる「孝情清平特別2日修錬会」に参加した食口たちの恩恵の証しの中から一部を紹介します。

 

*証し: 三度も夢に現われた真の父母様


4. 第223回孝情清平40日修錬会/第130次婦人40日修錬会
真の父母様の霊肉直接主管の中、「第223次孝情清平40日修錬会/第130次婦人40日修錬」が6月16日から恩恵深く始まり、6月17日に開会式が親和教育館A館3階の講堂で開催されました。孝情清平40日修錬会参加者の恩恵の証しの中から一部をご紹介します。

 

*証し: 眩しい光と共に現われた真のお母様 

*証し: 霊的な整理と心情転換


5. 主要修錬会および行事
1) 世界本部孝情マッチング準備学校
7月18日の一日日程で、合計50名が参加する中、親和教育館B館の中講堂A、Bで開催されました。世界本部家庭局の本山勝由家庭チーム長が開会式を、キム・ヨンギル世界本部家庭局長が「幸せな家庭のために」講座を、神韓国家庭連合ホン・ソンボク家庭局長が真の父母様祝福マッチング事例について説明し、先輩家庭たちとの出会いの時間がありました。そして閉会式で全日程を終えました。