天地人真の父母様主管神日本家庭連合公職者孝情清平特別修錬会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

天地人真の父母様主管神日本家庭連合公職者孝情清平特別修錬会2018-10-02

본문


(→関連写真)

 

天一国6年天暦8月12日から14日(陽暦9/21~23)まで、2泊3日間の日程で444名の神日本公職者たちが参加する中、「天地人真の父母様主管神日本家庭連合公職者孝情清平特別修錬会」が行われました。1日目の午後7時、オリエンテーションを皮切りに李命官(イ・ミョングァン)副苑長の「清平役事の恩恵」の特別講義が行われました。
真の父母様のみ言に従い、役事が特別に情心苑で挙行される恩恵の中、神日本公職者たちは真の父母様が「文鮮明天地人真の父母天宙聖和6周年記念聖和祝祭:2018天地人真の父母孝情天宙祝福式、天譜苑奉献式祝勝会」(陽暦8/28)で「すべてを下ろし、すべてを無にして、真のお母様と絶対的に一つになりなさい」と語られたみ言を心に深く刻み、天の父母様と真の父母様に対する孝情の人生を歩むことができなかった過去の不足を悔い改め、一つの心・一つのみ旨で天の聖業、ビジョン2020国家復帰の勝利のために死生決断・全力投球・実践躬行することを決意しました。
その後、李基誠(イ・ギソン)神韓国家庭連合本部会長兼天宙清平修錬苑長は開会の辞で「現在私たちが生きるこの時代は、実体聖霊役事完成時代であり、霊界の共鳴役事が起こる情心苑に集まった神日本公職者444名が心を合わせ、自分の中にあるエリコ城を崩して、心から祈り叫べば、成せないことはありません。そのように心を合わせて祈祷し、その祈祷が成されるという信仰を持って精誠を尽くしながら、真のお父様にすがり、真のお母様にすがれば、質的な変化が起きます。それがまさに新しくなることです。2泊3日の間すべて下ろし、神霊と真理の導かれるままに、真のお父様と真のお母様の導かれるままに、孝進様と興進様の導かれるままに、皆さんが共鳴するならば、今回の修錬会を終える頃になって本当に力を得、まさに日本に驚くべき役事が起こり、日本に驚くべき役事が起これば、これからは世界が真のお母様の懐の中に入ることと私は信じます」というメッセージを伝えました。
つづいて徳野英治会長は今回の「天地人真の父母様主管神日本家庭連合公職者孝情清平特別修錬会」が、第一次の「天地人真の父母様主管天一国孝情清平特別修錬会」、第二次の「天地人真の父母様主管神韓国家庭連合公職者孝情清平特別修錬会」、第三次の「天地人真の父母様主管神韓国摂理機関公職者孝情清平特別修錬会」につづいて第四次に開かれる修錬会であり、参加人数もまた444名であると発表し、4数を4回、再臨を象徴する16数のある、きわめて数理性の神秘的な修錬会となったことを知らせました。そして今回の修錬会の3つの意義として、悔い改めの祈祷と役事と聖地祈祷をとおして純白純金のリーダーとなって生まれ変わること、真のお母様と一つになれば必ず奇跡が起きること、来年2月までの6ヶ月間、白衣従軍の覚悟で、死生決断・全力投球で神氏族メシヤ430家庭勝利に向けて公職者が自ら先駆けて取り組んで行くことであるとメッセージを伝えました。
2日目は朝の敬拝式および訓読会を終え、特別祈祷室祈祷会、天勝台までの聖地祈祷を行いました。聖地祈祷では地区ごとに公職者たちが集まり、それぞれの樹の下で地区長を中心に大きな声で悔い改めと決意の激祷を天の前に捧げました。そして夜の役事に臨んだ後、決意文の作成と地区別集会が行われ、午前0時から3時まで徹夜精誠が行われました。神日本公職者たちは徹夜精誠を尽くした後、情心苑から出ながら「こんな祈祷は初めて体験しました」という感想を語り、「霊的にとても復活し、ビジョン2020勝利に向かって残り1年5カ月の間に母国日本が責任を果たします」と決意し「神氏族メシヤ430家庭、その目標を6か月内に宣布の基準なのですが、1200家庭を勝利することを再び決意し、今日天正宮博物館に上がって行って真のお母様にお会いし、新しく出発します」と言って、神日本公職者たちは自分を中心としたすべてを下ろし、新しく真のお母様と一つとなって、勝利的な国家復帰とビジョン2020世界復帰へ固く決意しました。
3日目は午前に本郷苑を参拝し、真の父母様を直接お迎えして天正宮博物館で閉会式が挙行され、神日本公職者たちは2泊3日の修錬会をとおして新しく生まれかわる貴い恩寵を受けました。


参加者の感想

[第3地区 新潟教区 崔俸準教区長]
[第3地区 富山教区 李元煕教区長] 

 Next 登録された掲示物がありません。
 Prev 真の父母様ご来訪 2018-10-02