11月第4週: 「清平に行きなさい」と天の父母様の声 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

11月第4週: 「清平に行きなさい」と天の父母様の声2018-12-20

본문


今回の11月第4週には世界各国から合計約1,600名の食口たちが各種修錬会に参加しました。孝情清平修錬生は天に対する孝情の心で真の父母様に喜びの実績をお返しできるように精誠を尽くす中で多くの恩恵を受けました。1週間の便りを恩恵の証しと共に分かち合いたいと思います。


1. 第1448回孝情清平特別2日修錬会
天一国6年天暦10月16日~17日(陽暦2018/11/23~24)、第1448回孝情清平特別2日修錬会が行われました。開会式で神韓国家庭連合朱鎭台(チュ・ジンテ)副会長ははまず次のような真の父母様み言を訓読しました。

「みなさんは時を逃してはいけません。最後です。最後のこのひと時に、皆さんが持った思想や考えや、すべてを皆下ろしてしまい、純白と純金となって、ただ真の父母をとおして光を発する、永遠なるその位置に皆さんが立つことができ、進んでいくことができたらいいです。アーヂュ!」 (天地人真の父母様主管祖国光復神統一韓国のための指導者特別集会でのみ言、陽暦2018/10/4)

その後朱鎭台副会長は「この最後の時を逃すな」というテーマでメッセージを伝えました。朱鎭台副会長は、真の父母様は地上の祝福家庭たちを中心人物として立ててくださり、祝福家庭に神氏族メシヤの使命を果たすようにされたことを説明して、祝福家庭たちがこの時を逃さないという覚悟で神氏族メシヤの使命を成すとき、必ず天の父母様と真の父母様の勝利圏によってみ旨が必ず成されるようになると強調しました。
真の父母様が直接主管してくださった「孝情清平特別2日修錬会」に参加した食口たちの恩恵の証しの中から一部をご紹介します。


*証し: 「清平に行きなさい」と天の父母様の声


2. 第226回孝情清平40日修錬会/第133次婦人40日修錬会
真の父母様の霊肉直接主管の中、「第226回孝情清平40日修錬会/第133次婦人40日修錬会」が10月23日から恩恵深く始まりました。参加者の恩恵の証しの中から一部をご紹介します。

 

*証し: 私の人生は天の父母様が下さったもの

 

3. 日本平日修錬会
11月20日から22日までの2泊3日の日程で、合計149名が参加する中、親和教育館B館の大講堂で開催されました。東大阪教区、相模原教会、高崎教会、かつらぎ教会、岡山教区、西静岡教区から来た食口たちを対象に開催され、1日目はオリエンテーション、役事、情心苑祈祷会が行われ、2日目は横井稔明日本研修チーム長の「清平摂理とその恩恵」の特別講義、天正宮博物館の巡礼、特別祈祷室祈祷会などが行われました。参加者の恩恵の証しの中から一部をご紹介します。


*証し: 日本平日修錬会: 夢で会場を直接治められる真のお母様
*証し: 日本平日修錬会: 天勝台で涙を流した伝道対象者