「神統一韓国時代開門汎国民祈祷会」における真の父母様の元旦の祝祷 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

「神統一韓国時代開門汎国民祈祷会」における真の父母様の元旦の祝祷2019-02-08

본문



神統一韓国時代開門安着しますように
2019.1.1. 00:00 a.m.

 

尊い天の父母様。天一国6年の限りない恵みと感謝をもって敬拝をお捧げ致します。新たに迎える己亥年は、この国の祖国統一に向かう年でございます。1919年の己未年3月、キリスト教の民族主義者と学生たちが、世界の前に大韓独立万歳を叫んだその日から、今年は100周年を迎えるようになる年でございます。
この国の歴史を見るとき、多くの義なる者、先駆者たちが国の独立を念願し、精誠を尽くして苦労しましたが、今日、南北が一つになることのできなかった立場において、政治の力や宗教の力、人間たちには決断を見ることのできない、この時点におります。
特別に摂理の完成のために、この民族をずっと前から抱かれ、育ててこられた歴史の真実を、今日この民族は知らねばなりません。それほどに念願する統一韓国は、人間の努力では不可能です。宇宙の主人であられる創造主・神様、天の父母様に侍る位置で、真の父母の祝福を受けてこそ、真なる統一韓国が成され、世界万民が願う戦争と葛藤のない世界、宗教の壁、文化の壁、人種の壁のない世界が成されるのです。
人間たちが作った全ての壁を除去できる方法は、真の主人であられる創造主・神様の願いと夢を叶えて差し上げる、堕落した世界に完成した真の父母を迎えることです。そうでなければ、神様の息子娘となれない立場にあることを悟る今日の人類となるように願います。
この国の統一韓国においても、主人が天の父母様になられてこそ、それほどまでに長い間願ってきた韓民族の夢が叶うようになります。天が選択した民族として責任を果たすこの国とならなくなる時には、過去に天が歴史をとおして見せてくださったとおりとなるでしょう。
私たちは天が祝福してくださった民族として必ず責任を果たす統一された韓国となることによって、天の父母様に侍る神統一韓国となることによって、この民族の未来があり希望があるということを知っております。ここに集まった約2万名の祝福家庭たちは、天の前に約束した2020年まであと1年しかないこの年に、必ずやこの国の民が、真の主人がどなたであるかを知る民として、天一国の民として、祝福を受けた民族として、天の前に責任を果たす民族となるようにせねばなりません。世界の前に中心国家として責任を果たすこの国の民となることを願います。
天の父母様。数多くの逆境と難関の中、この民族をつかんでこられた限りなき愛と恵みの前に、感謝、感謝いたします。今やこの民族は知らねばなりません。摂理の完成を前に、時を忘れてしまうこの民族となってはなりません。
2千年前、4千年の間育ててきたイスラエル民族をとおして、イエス・キリストを送ってくださいましたが、その民族はイエス様の本質がわからなかったため、イエス様を十字架に追いやる惨憺たる歴史を造りました。その民族はどうなりましたか。責任を果たせなかった民族として、2千年間国もなく、流浪の民となり、第二次大戦の際は数多くの人が虐殺されるという蕩減を払った歴史を、私たちは知っています。天がそれほどまでに苦労されて準備した、人類の真の父母となることのできる方を奉ることのできなかった結果です。



天は韓民族を選ばれ、摂理の完成を見ることのできる独り娘を誕生させるための準備をなさいました。受難の中、天をつかんできたこの民族が、国のない民族として苦痛を受けてきたことを天は御存じです。
しかし、この民族の前に解放と共に訪れたのは、民主主義と共産主義に南北が分かれる歴史でした。その後、朝鮮戦争をとおして南韓の民主主義が無力となるしかしかないときに、天は奇跡と共に国連軍を送られ、南韓の民主主義を守ってくださいました。それは創造原則において人間には成長期間を下さったので、誕生した独り娘が聖人となるまで保護しなければならないため、天が保護してくださったのです。
1960年、真の父母の位置に進みました。しかしキリスト教基盤が環境となってくれない位置で、どん底から出発することになりました。そのようにして約50年を経て、世界的な基盤を築くまで、限りなき天の加護と御苦労があったことに、深く、深く感謝申し上げます。
あなたのみ旨は必ず完成を見なければならないため、責任を果たすことのできる真の父母は、全てを投入してきました。今や2020年まであと1年となる己亥年は、十二支の最後の年として、新しい庚子年を出発することのできる、その時には必ずや天の祝福を受け入れ、責任を果たすことのできる、「まさしく我が愛する息子・娘のいる我が祖国である」と言えるこの民族、この国とならねばなりません。
ここに集った祝福家庭たちは、死生決断・全力投球して、必ずや天の父母様の願われる、天の父母様が入って使われることのできるこの民族に仕立てなければなりません。神様の祖国となるべきこの国が、地上に現れる神様の祖国としてそびえ立つことのできるように、教育しなければなりません。一人も祝福を受けていない人のいない、完全に天の父母様が抱くことのできるこの民族になれば、何の心配があり得ましょうか。
この民族が念願し、世界が願う「天の父母様を中心とした人類一家族」の夢を、この民族をとおして世界の前に見せてあげる、統一家の誇らしい祝福家庭たちとなることを願います。
天の父母様! 限りないあなたの大きな恵みの前に、不足ではありますが、最善を尽くしてあなたの夢を必ず成して差し上げる大韓民国となることを、天の父母様とこの民族と全世界の前に祝願・宣布いたします。アーヂュ!