所願成就祈祷会および特別祈祷室祈祷会: 孝情所願成就書で伝道が促進されました > 証し

본문 바로가기

証し

所願成就祈祷会および特別祈祷室祈祷会: 孝情所願成就書で伝道が促進されました2018-03-27

본문

[兵庫教区、K.K.(6500家庭、女性、50代)]


「今回の大役事に来る直前に、私のところにある忠孝家の婦人から急ぎの電話がありました。それは祝福を受けて韓国に行っている娘さんが日本に帰って来て、GYF(青年学生大会: 陽暦2/12)に従弟を動員する予定だったが、従兄が出席を断る話を始めた途端に娘さんに霊が入って、頭が割れそうになるくらいの頭痛で大変な状況になってしまったので、どうすれば良いかという内容の電話でした。
そして、電話でその婦人が話しながら、自らどうすれば良いかということを自分で悟って自分で話していく役事が起きたのです。
今、その従弟が祝福のために相手方と交流を始めたばかりで、しかも今年4月から就職が決まっていました。それでその婦人が『T君の使命が大きいので、どうしてもGYFの大会に行かせまいとしている恨霊が娘の頭に入ってきて頭痛を起こしているのですよね。だからT君をもう一度GYFの大会に誘ったら良いのですよね』と言われるので、私は『そのようにすれば良いと思います』と答えました。そして孝情所願成就書にすぐにその内容をすべて書いたところ、すぐに電話が来て『T君が大会に行くと言ってくれました。そして娘の頭痛も非常に良くなりました』ということでした。」