CARPオンライン教育: 霊人体が真の父母様に癒され、愛された感覚 > 証し

본문 바로가기

証し

CARPオンライン教育: 霊人体が真の父母様に癒され、愛された感覚2018-05-04

본문

[K.I. 36万家庭 女性]
「昨年10月に女性スタッフが清平へ行かせていただきましたが、神霊的な恩恵が大きく、ブロックの男性スタッフも平日修錬会に参加して恩恵を受けていただきたいと、ブロック長にも進言していました。ですから、ブロック長会議で横井チーム長の講義が行われ、CARPがいよいよ本格的に清平と連結がされはじめるようで、まずはそのことが嬉しかったです。
今日の講義は10月の講義と重なっている部分も多く、清平の重要性を改めて感じましたが、『新しい皮袋をもって、神霊で聞かないと、真のお母様のみ言も摂理も理解できない』との言葉が一番心に残りました。
東京は現場のスタッフや学生たちが忙しく、どうしても神霊が置き去りにされやすいので、自身も含めて清平に行き、その霊界の中で整理される機会がより多くもてたらよいと思います。いまだに10月の恩恵が自分の中にあり、頭や気持ちなど表面的な恵みでなく、霊人体が真の父母様に癒され、愛された感覚が残っています。ですから、横井チーム長が『清平に来て講義を受けた方がよい』と言っていた理由として、清平でないと悪霊が邪魔をして神霊的に聞くことが簡単でないこと、清平では絶対善霊に絶対的に守られた環境の中なので、み言の入り方が違うと言われていましたが、とても納得しました。また、普段の訓読や祈祷、和動の際においても、悪霊がそうやって邪魔をしてくるのでしょうから、自分を協助してくれる絶対善霊をたくさんつくることは私たちのように兄弟姉妹の心霊を預かる責任分担においてとても重要だと感じました。
神氏族メシヤについても、知っていてやらないと大きな罪になるとありましたが、真のお父様が私たちが勝利しやすいよう、あらゆることを考えくださり、清平摂理を整えてきてくださったことを改めて感じました。小さくてもまずは行動を起こしていきたいと思います。
講義が始まる30分前に分派へ行った方から久しぶりにメールが届いていました。これから清平に連結されていく直前のタイミングだったので、このことを考えても、CARPが清平に連結することは天の父母様のみ心であり、あの講義の時間は天の父母様もサタンも注目していたのだろうと感じました。
お忙しい中、講義をし、またネット配信をしてくださり、ありがとうございました。」