40日修錬会の恩恵: ブーンと浮かび、笑いながら立ち去った祖父 > 証し

본문 바로가기

証し

40日修錬会の恩恵: ブーンと浮かび、笑いながら立ち去った祖父2018-07-07

본문

[アメリカ、A.I.(36万家庭二世、13歳、女性)]
「私が韓国にいるうちに祖父が亡くなり、私は祖父のために祈祷して敬礼を捧げる精誠条件を立て、一週間の間毎日清平に行って祈祷を捧げました。何日か後、私は風邪をひいて自分の部屋で休んでいたのですが、その時ベッドで私のすぐ側に誰かがいることを感じ、祖父がブーンと浮かび、笑いながら立ち去る姿を見たのです。そうして私は精誠条件が重要だということを悟りました。
役事の時間は気分が良くなり、本当に天の父母様と一つになるのを感じます。また講義を聞くとき、その講義の内容が私の人生と関連しているのを感じ、その内容は私を正しい道に導いてくれます。私は清平で祈祷するのが好きです。なぜならば、家で祈祷するとは次元が違い、特別で、説明しにくいですが誰かがそばで私の言葉を聞いているようで、心が楽になり、その場から離れたくなくなるのです。」