先祖解怨式: 先祖解怨で変わった家族 > 証し

본문 바로가기

証し

先祖解怨式: 先祖解怨で変わった家族2018-09-13

본문

[東静岡教区、Y.H.(6500家庭二世、20代、女性)]
「私は去年から韓国留学し、鮮文大学韓国語教育院に通って、今は鮮文大学の大学生です。今年の6月に夏休みを利用して1年半ぶりに家に帰ったのですが、韓国に留学する以前と比べものにならないくらい家族の雰囲気が良くなっていました。
韓国に留学するときの私は、よくけんかをする両親や否定的な雰囲気ばかりただよう家族が嫌で早く家を出ていきたかったし、この家が理想家庭になるなんて無理だろうと悲観的に考えていました。それが今の私は家族がかけがえのない天の父母様からのプレゼントであり、心の支えであり、何よりこの家庭で氏族復帰や伝道にどんどん挑戦していきながら、天の父母様の夢や摂理を進めたいという気持ちでいっぱいです。
どうしてこんなにまで家族が転換されたのか考えてみたとき、すべてが清平とつながりました。姉と共に清平で開催された「真の父母様主管HJ天苑特別修錬: 2017 Japan TOP GUN College(JTGC)」(2017/2/16~25)に参加したとき、情心苑で家族を変えたいと必死に祈ったことから始まり、その年の夏に父が『先祖解怨を始めよう』と言ってくれました。それで孝情清平特別大役事で先祖解怨ができました。その後も先祖解怨ができる機会が与えられていきました。
私自身は韓国生活で忙しく、あまり家族と頻繁な連絡を取ることができていなかったのですが、いつの間にか変化していた家族にとても感動していて、霊界の協助と天の父母様の願いを実感せざるを得ません。父方の祖母と最近よく連絡をとり、会いに行くようになったり、また母方の祖母も最近仕事を辞めて寂しいから私たちに会いたいと言ってくれたりなど、氏族復帰を進めていける条件が揃ってきていて、とても驚いています。霊界の協助に感謝し、これからも前進していけるよう、よく精誠を積んでいこうと思います。」(「文鮮明天地人真の父母天宙聖和6周年記念孝情清平特別大役事」参加)