西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会: 私の霊的背景を悟らせてくれた役事の恩恵 > 証し

본문 바로가기

証し

西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会: 私の霊的背景を悟らせてくれた役事の恩恵2018-10-29

본문

[西東京教区、K.N.(3万家庭、50代、女性)]
「役事を一生懸命行いましたが、2回目のお腹の霊分立のときに、ここをしっかりやらないといけないという思いになり、更に一生懸命に霊分立をする中、その部位で何かもやもやした感じが次第に消えていきました。
『先祖の罪をお許しください。この恵みに感謝します。恨霊の皆さんが天一国主人になれるように。幸せになれますように』と思いつづけながら役事を続けていると、突然、『兄と姉を救えますように!』という思いが私の中に飛び込んで来ました。『これは、先祖の背景の中で何かがあったのか』と思いましたが、よくよく考えると、私の氏族復帰において、兄と姉は難題な人物でもあるので、『過去において今の私と同じ状況の思いの霊がいたのか』と思うと同時に、これからの氏族復帰に向けての祈りは、もっと本気で必死に祈らなければならないと思いました。最近は、祈っていても言葉だけになりがちでしたので、悔い改めさせられました。
その後、次第に意識が『日本の勝利のための恨霊の解怨ができるように』と祈るようになり、『もしかしたら今回の役事は、真のお母様の指示で中心者が3日間の修錬会をしたのと同じことを天は願っていたのではないか』と思いました。真の父母様との心情一体化ができていなかったことを悔い改めながら役事を行いました。
国を復帰していくための意識と霊界を真剣に持って打ち立つことは、責任もかかるので恐ろしく、身を引いてしまっていましたが『今ここで引いてはならない』と思いました。天の願いを意識しながら歩んでいこうと思います。」
 (「2018西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会」参加)