西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会: ひきこもりになった息子の回復を確信した伝道対象者 > 証し

본문 바로가기

証し

西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会: ひきこもりになった息子の回復を確信した伝道対象者2018-10-29

본문

[西東京教区、N.K.(既成4000万家庭、60代、女性)]
「4月に受講決定し、8月に2日セミナーに参加した70代のHさんは、5年前から引きこもりになっている40代の息子さんのことが一番の気がかりで、孝情奉献書にも息子さんの今後のことを願いに書いて、今回初めて役事に参加されました。役事中、息子さんの元気な姿が思い出され、自然と涙がこぼれてきたそうです。聖歌を賛美しているときも、息子さんに良くなって欲しいと思い涙を流されていました。役事で恩恵を受け感動されていました。
またもう一人、5月に受講決定し、今月の2日セミナーに参加予定の60代のKさんもやはり清平役事は初めてでした。役事中、何とも言えない気持ちが湧いてきて、体が熱くなり、何故か涙が出てきたそうです。み言は難しくて理解できない部分も多かったですが、『清平でしかできないことがある』ということに相対され『ぜひ、清平に行きたい!』と言われていました。
お二人とも、今後の学びに対して、更に意欲的な様子でした。これから真の父母様の価値、み言の価値をもっとよく知ってもらえるように導いていきたいと思います。」
 (「2018西東京天運相続孝情清平役事恩恵特別集会」参加)