神中南米分苑開苑式: 私の体から出て行きたくないと叫ぶ悪霊の声が聞こえました > 証し

본문 바로가기

証し

神中南米分苑開苑式: 私の体から出て行きたくないと叫ぶ悪霊の声が聞こえました2019-02-12

본문

[ブラジル、I.P.]
「先祖解怨式が始まる前、私の近くにすべての私の先祖が来て体がとても弱くなり、最初は大きな頭痛があったのですが、式典が始まると頭痛が突然に消え、強烈な泣きたい衝動が湧きました。なぜかわからないほど自分でもコントロールできない、非常に大きな衝動でした。寒気をずっと感じていました。体を強く霊分立しはじめると、まるで私の家庭が数十年間背負っていた重荷が消えていったような解放感を感じました。それまで非常に強い重荷で、意識が私の先祖から離れることはありませんでした。私の霊的感覚が二倍になったように感じ、多くの女性が私の体から出て行きたくないと叫んでいるのが聞こえました。それで私はすべての悪霊から私を守っていただきたいと真の父母様に祈りはじめました。先祖たちは私に何かを言いたかったようですが、私はただ泣くだけでした。天の父母様と真の父母様への大きな感謝の気持ちを持ってこの手紙をお捧げします。私の人生において唯一の瞬間を与えてくださったことに感謝いたします。」