神中南米分苑開苑式: 解怨と祝福を待つ先祖たちの夢を見ました > 証し

본문 바로가기

証し

神中南米分苑開苑式: 解怨と祝福を待つ先祖たちの夢を見ました2019-02-12

본문

[ブラジル、J.G.]
「私の母方は210代まで解怨と祝福が終わっています。父側はすべての解怨は終わっていますが祝福はまだです。私は3名の先祖の夢を見ました。ある女医が電話をかけてきて、『彼らは実は死んでいません』というのです。その場に行ってみると皆死んでいました。ところが、女医は『実は死んでいない』と言います。そして、その女医が手を触れると彼らは立ち上がりました。夢の最後の方で、女医は彼らが歩けるように手助けしていました。
それで、私は先祖解怨をしなければならないこと、そして祝福を待っている彼らを祝福してあげなければならなかったのだということを悟りました。」