메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home 恩恵の広場 証し

証しを分かち合いたい方は、 E-mail までお送りください。

- 原稿料 : 800字以上

- 必需項目 : 名前(漢字、カタカナ)、祝福双、教区および教会、住所、実名記載の可否

※ 実名記載を希望されない場合は、イニシャルで掲載いたします。

証し
孝情カフェ奉献式の証し(5) 登録日 : 2017.09.26

[日本研修チーム・平林パート長]


「真に夢のような奉献式でした。特に1960年代後半に初めてここ清平の地を真の父母様が訪ねて来られ、精誠を尽くされて、原聖殿を1971年7月12日に奉献してから46年ぶりに、真の父母様が原聖殿の場所の上に『孝情カフェ』という最高に美しくて素敵な建物を建てなさいとおっしゃいました。そして天宙聖和5周年までに奉献できるようにみ言を下さいました。清平修錬苑で1995年から勤めてきた私としては、これまで天城旺臨宮殿の工事をはじめとして多くの建物を修錬苑の中に建設されたのを見てきましたが、本当にこのように美しい建物は初めてです。やはり真のお母様は全ての女性の代表であられるので、お建てになる建物も『美しいな!』と感じられました。
そして天城旺臨宮殿から孝情カフェに橋を架けてくださり、これも本当に感謝申し上げたいです。この橋がなければ遠回りして降りて行かねばなりませんが、美しい橋もできてすぐに孝情カフェに行けるようになりました。そして何よりも孝情カフェで天心湖と仙人峰を一目で眺めることができるように造られた美しい風景です。
草創期、真の父母様が子女様がたと共に過ごされた思い出が込められている天心湖を眺めながら、突然真のお父様が思い出されました。天宙聖和5周年聖和祝祭の最後に奉献された孝情カフェは、真の父母様が草創期に共に地上天国の青写真を描かれましたが、その夢が一つひとつ叶えられており、真のお母様を眺めて真のお父様がにこにこ笑っておられる姿を感じる貴い奉献式でした。それで何故このように天宙聖和節までに奉献式をしなければならないのか、そのみ旨が少しわかった気がします。
今後、全世界の全ての食口たちと全人類がここに来て、真の父母様の真の愛を直接感じ、おいしい食べ物とお茶を飲んで喜ぶことでしょう。このように尊い孝情カフェ奉献式を準備する全ての職員たちと40日修錬生が、大役事が終わって一番体がきつい状況にもかかわらず、皆が力を合わせて美しい孝情カフェの姿にし、美しい真の父母様をお迎えして、美しい天心湖で美しい奉献式ができるようにしてくださった真の父母様に、心から感謝を申し上げたいです。」

リスト