메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

수련안내

홈Home 修錬会案内 お知らせ
공지사항
[その他] 「第25期特別霊性治療役事(病院12日修)」日程案内 作成日 : 2016.12.24
「第25期特別霊性治療役事(病院12日修)」日程案内

天の父母様と天地人真の父母様の祝福が共にありますよう祈願申し上げます。
天宙清平修錬苑では、霊肉界における真の父母様の実体的な直接主管圏の中で修錬会が大きな恩恵の中で行なわれています。天宙清平修錬苑と清心国際病院の共同開催による「第25期特別霊性治療役事(病院12日修)」を下記の日程で実施しますのでご案内します。
病院12日修の期間は 医療天使と、医療を携わる絶対善霊を動員して各種疾病と苦痛を治癒する役事が起きる期間です。特に「2017天地人真の父母様御聖誕記念清平特別大役事」(2017年2月1日~2月3日)の前後に12日間、病院を利用されながら集中的な治療と修錬会の恩恵を同時に受けることができます。病室が満室になる可能性がありますのでお早めに予約をお願いいたします。



― ― ―   記   ― ― ―



1. 第25期病院12日修錬会案内

A. 日時:天一国5年 天暦 1月 4日(火)~ 天暦 1月15日(土)
【2017年 1月31日(火) 午後 7時~2月11日(土) 午前 9時30分(12日間) 】

B. 対象:日本語が可能な患者様 (日本語で講義が行われます)
1) 病気療養中または持病のある患者様(診療内科、精神科以外の患者様)
(がん・パーキンソン・アトピー等、どのような疾病でも参加可能です)
2) 躁うつ病、統合失調症、神経症、摂食障がい(過・拒食症)、思春期青年期精神障害(ひきこもり・不登校)、心身症(過敏性大腸炎など)、児童期精神障がい(自閉症、多動児など)、老年期精神障がい(認知症など)のほか、正確な診断名はないが霊的現象がある方

C.場所:清心国際病院
各病棟(4,5,6階)に日本人スタッフ、日本語が可能な韓国人スタッフがいます。

D. プログラム
1) 天宙清平修錬苑と共に毎日特別霊性治療(役事)に参加(1日2回)
2) 医療陣および天宙清平修錬苑の講師による講義
3) 疾患別治療、訓読会、各病棟プログラム (運動、ヨガ、アートセラピー等、音楽療法、お笑い療法)
4) 聖地巡礼(病院8階)

E. 参加申し込み方法:
1) 清心国際病院修錬会担当(日本協力チーム)までご連絡、ご相談ください。患者様の状況を伺った上で、最終的な入院許可は、清心国際病院の家庭医学科および精神科の医師が決定します。
2) 入院許可が出た後、所属教会から“清心国際病院病院プログラム参加依頼書(A4サイズ2枚)”を受け取り、必要事項を記入後、教会長のサインを入れた上で、清心国際病院日本協力チーム宛にFAX若しくはメール添付でお送りください。精神科患者様の場合は、参加依頼書とともに同意書もお送りください。
3) 参加依頼書が、修了書発行際の資料となりますので、正確に記入してください。
4) FAXを送信後、到着しているか確認の電話またはメールを必ずしてください。
5)  申し込み期間: 2017年1月22日(日)
※但し、病室の関係上、早期に締め切る場合があります。

F.準備物
1) 現在通院治療中の病院から発行してもらった「診療情報提供書」および血液等の検査結果をお持ちください。またCT・MRI等の画像検査結果をお持ちになれる方はお持ちください。
2) 服用中の薬(滞在期間日数+数日分)と薬局で発行される「薬剤情報提供書(コピーでも可)」をお持ちください。現在通院中の病院から発給してもらった書類(診療所見書、検査結果、CT、MRI などの画像結果をお持ちの場合はご持参ください)
3) 洗面道具、風呂道具、 コップ、スリッパ、箸・スプーンに関しては各自でご準備ください。(ご準備できなかった場合、本館地下1階売店でも購入可能です) 下着、タオル、FMラジオ、 白いTシャツ(病院内での役事及び講義は病衣で過ごせます)、原理講論(訓読教材)
4) 必要な経費(感謝献金、予備費など)、クレジットカード
5) 正装(聖地巡礼参加時に必要です)
6) 海外旅行者保険の加入(持病以外の病気や不慮の事故などのために必要)
* 加入せずに来られた場合、帰国していただく場合があります。

G.参加費用:
1) 修錬会参加感謝献金: 2万4千円
* 12日修錬会費の中に、大役事及び2月10~11日の週末修錬会参加感謝献金が含まれています。
* 但し先祖解怨・祝福をされる場合は、別途に2日修錬会参加献金と解怨・祝福感謝献金が必要となります。大役事は受付での混雑が予想されますので、各自事前インターネット予約受付を利用されることをお勧めします。
2) 進行費(プログラム運営にかかる教材費・写真代等): 5千円
3) 病院費:
a) 家庭医学科:170万ウォン前後。病院費の中に、リハビリ・按腹治療・温熱治療などが含まれます。どの治療を受けるのかは主治医と相談の上、決定します。
b) 精神科:140万ウォン前後
* 入院時に上記の金額を納め、退院時に清算(返金若しくは追加料金)をしていただきます。
退院時返金のある場合は、パスポートの提示が必要となります。
* 病院費・治療費の支払いは現金(韓国ウォン・日本円可能)及び海外で使用可能なクレジットカードの利用が可能です。

H.付き添い者(保護者)へのご案内
1) 原則1名まで、ご家族の方のみ付き添いが可能です。ご家族以外の方は事前にご相談ください。
2) 布団リース料(1万ウォン: 初日1回のみ請求)、保護者食を利用される場合は、1食6,000ウォンとなります。食費は入院費に追加されます。
3) 付き添い者も感謝献金・進行費を納めれば12日修錬会の参加が可能となります。


2. 入国と出国時の空港から病院までの交通案内

A. 入国時 (1月31日)
1) 世一観光が運行する空港から修錬苑直行のバスを利用してください。
* 仁川空港: 1階14番出口で、世一観光スタッフが待機しています。
* 金浦空港: 1階 ウリ銀行前、世一観光スタッフが到着ロビーにある“ZOO COFFEE”の前で待機しています。
* 世一観光スタッフ連絡先: 010-5741-9001~2 (日本語可能)
2) 修錬苑から病院までの車輌は病院側で準備します。修錬苑到着後、天城旺臨宮殿地下2階の清心国際病院ブースにお越しください。
B. 帰国時 (2月11日/12日)
1) 世一観光が運行する修錬苑から空港直行のバスを利用してください。
* 2月11日(土)に帰国される方は、修錬苑の石碑前を昼過ぎに出発するバスを利用してください。
* 2月12日(日)に帰国される方は、修錬苑の石碑前を早朝に出発するバスを利用してください。
* タクシー利用の方は、個人で世一タクシーを予約してください。(※日本協力チームでもタクシーを斡旋しています)


3. 入院の受付順序:

A. 病院に到着後、外国人専用の受付カウンター(本館1F)で入院受付を済ませます。
B. 受付の案内に従って主治医の診察を受けます。ただし、到着時間によっては主治医診察が翌日になることがあります。
C. 主治医の診察後、もう一度受付カウンターで入院費を納めます。
D. 入院受付後、病棟に移動します。移動後は、病棟看護師の案内・指示に従ってください。


4. 詳しいお問い合わせ : 清心国際病院-担当: 日本協力チーム

1) TEL: +82-31-589-4599/4788
2) FAX: +82-31-589-4873
添付ファイル

リスト