메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home メディア清平 ニュース
清平トゥデイ
鮮鶴天宙平和大学院大学校学位授与式、文妍娥WFWP世界会長が真のお母様の代わりに卒業生を激励 作成日 : 2017.03.02

鮮鶴天宙平和大学院大学校では天一国5年天暦1月20日(陽暦2017/2/16)午前11時、「第12回学位授与式」が行われました。学位授与式では神学博士1名、牧会学博士2名、神学修士2名、牧会学修士28名の計33名が栄光の学位授与を受けました。牧会学修士28名には天宙平和士官学校(UPA)の生徒24名が含まれています。
学位授与式は文妍娥(ムン・ヨナ)世界平和女性連合(WFWP)世界会長、趙誠一(チョ・ソンイル)世界本部長、鄭元周(チョン・ウォンジュ)総裁秘書室長、金振春(キム・ジンチュン)天法院長、ジン・ソンベ孝情学術苑長、李基誠(イ・ギソン)理事長、趙光明(チョ・グァンミョン)総長、キム・ジェヒョン副総長兼UPA団長および教授陣、総裁秘書室ユン・ヨンホ副室長、キム・ドンウ清心特別教区長、HJ天苑各機関長や職員ら内外貴賓、そして卒業生家族など100名を超える人数が参加した中で挙行されました。
学位授与式はファン・ジンス企画事務処長の司会により、天一国の歌斉唱、開会宣言、国民儀礼、代表報告(キム・ジェヒョン副総長)、花束奉呈(卒業生代表)、内外貴賓紹介、学士報告(ト・ヒョンソプ教務処長)、学位授与および学位授与式社(趙光明総長)、メッセージ(文妍娥会長)、祝辞および祝祷(李基誠理事長)、各種案内、閉会宣言の順に進められました。




忙しい日程の中で参加してくださった文妍娥会長は次のようなメッセージで真の父母様の暖かい愛と関心を卒業生に伝えてくださいました。


「本当はここに真のお母様が直接来られれば実に良いのですが、ご存知のとおり天一国基元節4周年の行事のためにお忙しかったし、常に摂理の一線で全てを陣頭指揮されて、今もお忙しいのです。それで、総裁秘書室と世界本部と財団の私たちが代理で来ています。あまり残念に思わずに、真のお母様と直接共に働いている私たちを見て真のお母様が直接来られたものと感じてくださり、信じてくださるようお願いします。
皆さん、これまで本当にご苦労様でした。真のお父様がいらっしゃるところを囲い保護しているHJ天苑で、真の父母様が望まれる孝子・孝女たちが育ち、また教育されて、卒業するこの時間まで、皆さんがどれほど努力し、どれほど大変だったかは、言葉にせずとも真の父母様がご存知なので、より一層皆さんが誇らしくて、立派で、とてもありがたく思っておられるということを代わりに伝えたいと思います。真の父母様が今準備しておられるその世界、その世界の主人公が皆さんだということを胸に刻んでくださるようお願いします。常に『未来のこの世界はどうなるだろうか』 『未来にどんな世界を残していってあげようか』ということを苦心され、一つ一つ着々と摂理を進められる真の父母様の心を皆さんが想像してそのまま伝えてくださり、真の父母様が皆さんをたくさん愛してくださったことを皆さんが現場で感じられるように実践することをお願いします。誇らしい孝子・孝女となってくださってとても感謝申し上げます。今後さらに成長して、摂理の現場で『真の父母様にお目にかかったように感じられる人だ』と褒められる、そのような皆さんになることと信じます。」


清心神学大学院大学校は設立者である真の父母様によって「愛天、愛人、愛国」を建学理念として、世界平和の定着および人類の幸福増進に貢献できる人材を養成することを使命として、2003年10月22日、教育部から認可を受けて設立されました。設立以後140名を超える修士・博士を輩出して、世界の様々な国から学生を募集して育成し、牧会者および宣教師、各種団体スタッフ等として派遣してきました。
真の父母様は「人類一家族(One Family Under God)」の平和世界実現のために全生涯をとおして超人種・超宗教・超国家運動を展開された真の父母様の平和思想と遺志を宣揚するために、2013年「鮮鶴平和賞」を制定されました。鮮鶴平和賞は人間に対する尊敬と愛を呼び覚まし、平和を害する全ての葛藤を愛で和合して、人間と自然が美しく共存する世の中を造っていくのに多大な寄与をした個人および団体に授賞をし、「人類一家族」平和思想を基盤に競争と葛藤ではない連帯と共存、コミュニケーションに基づいた未来平和ビジョンの実現を指向しています。
本校でもこのような設立者のみ旨を称え、南北関係を含めて政治・経済・文化的に混乱している現在の世界において、世界の平和に寄与する研究および教育をしようと本校の校名を清心神学大学院大学校から鮮鶴天宙平和大学院大学校(SunHak Universal Peace Graduate University)と2016年9月1日変更しました。鮮鶴天宙平和大学院大学校の鮮鶴は「人類一家族」(One Family Under God)’の平和世界実現のために全生涯をとおして超人種・超宗教・超国家運動を展開された真の父母様の平和思想と遺志を宣揚するために文鮮明総裁と韓鶴子総裁ご夫妻の名前の一文字を取ったものです。これは設立者に似て人類平和に尽くす人材を育成する学校を作っていこうとする意味が込められています。韓国語の学校名に含まれるUPはUniversal Peace(天宙平和)の略字で、世界的な平和とともに全天宙的な平和を表し、特に天宙は大宇宙を指して神様を表す言葉として、天を中心とした地球共同体の平和を意味します。

(文責: 天宙清平修錬苑文化広報チーム、資料提供: 鮮鶴天宙平和大学院大学校行政支援チーム)



以前 以後 リスト