메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home メディア清平 ニュース
清平トゥデイ
4月第1週: 天一国族譜苑の建設を語られた真のお母様 作成日 : 2017.04.13

勝利された天地人真の父母様の孝情の光と共に、奇跡のように訪れた摂理の新春に、更なる驚くべき役事で導いてくださった4月第1週。今週は世界各国から合計約4千名の食口たちが各種修錬会および行事に参加しました。今週は真のお母様が「天一国5年勝利に向かう全国公職者総会」をはじめとして数回来訪してくださるという大いなる恩恵がありました。今週の便りを証しと共に分かち合いたいと思います。


1. 天一国族譜苑の建設を語られた真のお母様


2. 天一国5年勝利に向かう韓国全国公職者総会


3. 第1363回孝情清平特別2日修錬会


( 関連写真⇒ )


天一国5年天暦3月5日~6日(陽暦2017/4/1~2)、第1363回孝情清平特別修錬会が行われました。今回の修錬会には世界各国から合計約2千名が受付をし、教育および役事と先祖解怨式に参加もしました。

李基誠(イ・ギソン)苑長は開会式でまず真のお母様のみ言を訓読しました。訓読内容は「天一国5年勝利に向かう2017全国公職者総会」(3/29~31)の際に真のお母様が語られた内容のうちの一部を訓読しました。

「私はこれからこの修錬苑に天一国族譜院苑を造るつもりです。そこに入ることができる誇らしい皆さんになれば良いと思います。皆さんの子孫が、『私たちの先祖誰それは、誇らしく、感謝で、有難く、栄光である』と言える所、地上天上に永遠に残ることができるものを、私は造ろうと思います」(2017年3月29日、天暦3月2日、全国公職者総会、真のお母様のみ言)

その後李基誠苑長は「私たちの先祖誰それは、誇らしく、感謝で、有難く、栄光である」というタイトルでメッセージを伝えました。まず全国公職者総会で語られた真のお母様のみ言を要約整理して説明した後、天一国族譜苑について語られた内容を説明しました。
そして最初の復活について原理的な内容を説明し、天一国族譜苑に入る祝福家庭たちはまさに最初の復活に関するみ言を成就する人々であり、そこに家庭名簿が入るためには、万代から賛美される先祖にならなければならないと強調しました。そうして真のお母様のお考えと一致して神氏族メシヤの使命を尽くし、天一国創建に向かって走らなければならないと強調して終えました。
つづいて熱い役事が行われました。
二番目の講義は李命官(イ・ミョングァン)副苑長が‘霊界と先祖たちの真相についてメッセージを伝えました。李命官副苑長は先祖たちが生きた結果によって子孫がどんな影響を受けて生きていくことになるかを具体的に説明しました。そういった悪霊と恨みの霊、すなわち霊的原因を除去する方法について「役事」、「祈願書(所願成就書)」、「先祖解怨と祝福」の三種類を紹介しました。その後先祖解怨式の役事をしました。
恩恵証しを一部ご紹介します。


2日修錬会: 霊分立をとおした神秘的な霊的体験


2日修錬会: 天の父母様の痛みが感じられて涙が



4. 第212回孝情清平40日修錬会/第119次婦人40日修錬会


「第212回孝情清平40日修錬会および第119次婦人40日修錬会」が3月11日から始まりました。恩恵の証しを一部ご紹介します。


40日修錬会: 毎日のように涙の役事でした


40日修錬会: 先祖解怨直後、妊娠したことがわかりました



以前 リスト