메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home メディア清平 ニュース
清平トゥデイ
大役事:HJマグノリア奉献式および大祝祭 作成日 : 2017.09.13

HJマグノリア奉献式が、天一国5年7月16日(陽暦2017/09/06)午前10時30分、真の父母様をお迎えして、文誉進様、文仁進様、文妍娥(ムン・ヨナ)孝情世界平和財団理事長、文薫淑ユニバーサルバレー団長、金起勲(キム・ギフン)世界平和統一家庭連合(以下家庭連合)世界副会長、宋龍天(ソン・ヨンチョン)日本総会長、キム・ソクビョン孝情グローバル統一財団理事長、チェ・ユンギ統一グループ財団理事長など天一国指導者や祝福家庭たちが参加した中、HJマグノリアで開かれました。


今回の行事は尹鍈鎬(ユン・ヨンホ)総裁秘書室副室長の司会で、開会宣布、キム・ジャンヒHJマグノリア本部長とハン・ヒョヌチーム長の花束奉呈、敬拝、ホン・ソンピョ建設分科委員長の経過報告、除幕式、記念撮影、真の父母様の祝祷、テープカット、聖別、ラウンディングの順に第1部が行われ、続いて建物内部で行われた第2部は、宋龍天総会長の報告祈祷、金起勲世界副会長の勝利提議、昼食の順に行われました。第3部では映像上映、記念品奉呈、声楽家セイコ・リーとギタリスト、ハタ・シュウジの文化公演が行われ、億万歳三唱、敬拝、閉会宣言で全ての式が終えられました。

真の父母様は祝祷をとおし、HJマグノリアが「寒い冬の極寒に強靭さを持ち、高貴な姿で新春を知らせるのが白木蓮、紫木蓮」のように、純潔と自然の愛を表現する場所となるように祈られました。また「ここ天苑団地において入門する位置にあるHJマグノリアは、自分だけを考える人々の集いではない、人を気遣い大切にする、真の父母様の真の愛を学び勉強する、未来の希望を追求する真の愛の広間のような役割をすることになるでしょう」として、「ここを慕い、寄って行く、全ての人々の足取りが、天の父母様に対する本然の心情を訪ねて進むことができる、真の愛の広間となるようにしてくださいますように」と、HJマグノリアが天苑団地の広間として役割を果たすことができるよう祝願されました。真の父母様の祝祷全文は次のとおりです。


「尊敬申し上げます天の父母様! 今日、美しいこのHJマグノリアを奉献し、あなたの創造の奥妙さを感じます。寒い冬の極寒に強靭さを持ち、高貴な姿で新春を知らせるのが白木蓮、紫木蓮です。純潔と自然の愛を表現する木蓮の名を持ったこの建物です。砂漠のように一寸先も見通せない、険しい世の中の人々がオアシスに会ったような喜びと感謝を感じて、この建物をとおしてあなたの愛を感じることになるでしょう。
天の父母様! 人間の目的は何でしょうか。あなたの前に進もうと思う一念が全てです。しかし俗世にまみれた人生は、自己中心な考えばかりしています。真の父母様によって新しい時代を開いていきつつあるこの時、ここ天苑団地において入門する位置にあるHJマグノリアは、自分だけを考える人々の集いではない、人を気遣い大切にする、真の父母様の真の愛を学び勉強する、未来の希望を追求する真の愛の広間のような役割をすることになるでしょう。ここを慕い、寄って行く、全ての人々の足取りが、天の父母様に対する本然の心情を訪ねて進むことができる、真の愛の広間となるようにしてくださいますように。
今日、HJマグノリアを奉献しながら、これまで悪天候の中でも苦労して働いた者たちの前に感謝申し上げ、真の父母様の名前によりHJマグノリアを奉献致します。アーヂュ!」


HJマグノリアは、ベーカリー工場、小さな百貨店「チェミin shop」、コンビニエンスストア、孝情ベーカリー、乳児遊び施設、韓食堂「孝情宴」、カフェ・コナクィーンズ、ビューティーショップ「マグノリア・ビューティー」などで構成された孝情天苑団地内の複合文化空間です。延面積420坪で、地下1階から地上3階まで合計4階の建物として建設され、味と粋が共存して、体と心の安息所となり、孝情天苑団地の夢が始まる空間というビジョンを持って奉献されました。

(資料提供:鮮鶴歴史編纂苑 http://tphistory.net/detail.php?number=41403&thread=27r03 [韓国語] )


*恩恵の証し: 真のお母様の胸の中にある「孝情の夢」を見た



以前 以後 リスト