메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home メディア清平 ニュース
清平トゥデイ
孝情学術苑国際学術シンポジウム 作成日 : 2017.09.29
文鮮明天地人真の父母天宙聖和5周年「孝情学術苑国際学術シンポジウム」が天暦7月20日(陽暦2017/9/10)午後、文妍娥(ムン・ヨナ)孝情世界平和財団理事長、鄭元周(チョン・ウォンジュ)総裁秘書室長、秦成培(チン・ソンベ)孝情学術苑長、金恒濟(キム・ハンジェ)天一国学術苑共同苑長と全世界の七大圏域、16大陸の統一家指導者約400名が参加した中、天城旺臨宮殿の大聖殿で「科学、教育、宗教で見た孝情の光」というテーマで行われました。
開会式はタイラー・ヘンドリック博士の司会で、開会宣言(司会者)、敬拝(参加者一同)、報告祈祷(トーマス・W・セロバー鮮鶴天宙平和大学院総長)、歓迎の辞(文妍娥理事長)、祝辞(鄭元周室長)の順に行われました。
つづいて秦成培苑長が「孝情人性教材の教科課程と構成原理」、ジョナサン・ウェルズ博士が「進化、知的設計そして統一思想」、金恒濟共同苑長が「啓示としての真の父母」をそれぞれ発表しました。

以前 以後 リスト