메인메뉴 바로가기 본문 바로가기 푸터 영역 바로가기
復帰されたエデンの苑
天宙清平修錬苑
비주얼

청평투데이

홈Home メディア清平 ニュース
清平トゥデイ
秋季大役事:孝情で世界の人々が集まる孝情カフェ公式オープン 作成日 : 2017.12.06

孝情カフェが天一国5年天暦9月15日(陽暦2017/11/3)、様々な国家から来た食口たちが見守る中で公式オープンとなりました。天暦9月16日(陽暦11/4)には真の父母様をお迎えして「孝情カフェ・オープン記念試食会」も行われました。大役事の期間中には、喫茶と食事をするために長い列を作って待つ食口たちの姿と、天心湖を眺めて飲み物を飲み、甘い休息時間を送る食口たちの姿が見られました。孝情カフェは天暦7月19日(陽暦9/9)、真の父母様をお迎えして奉献式を行いましたが、今回公式にオープンすることになりました。

また、真の父母様は、公式オープン4日前の天暦9月11日(陽暦10/30)、孝情カフェを事前視察しに来られました。午前10時頃、3階に到着された真の父母様は1階のチェミインショップに降りて行かれ、プレゼント用にネクタイを精誠を尽くして選ばれ、50本購入されました。
真の父母様が「世界人の聖地となることでしょう」と祝福してくださった孝情カフェは、1~3階で各国の文化を体験し、特に4階の展望台では世界に向けられた真の父母様の当時の心情が感じられるところです。孝情カフェの隣には孝情マリーナも併設されています。孝情天苑・清平聖地が出発した位置にある孝情カフェと孝情マリーナは、世界摂理の出発点であると同時に世界摂理の結実であり、また神氏族メシヤ活動をはじめとする世界復帰摂理を推進する教育施設でもあります。
まず、1階のコンビニである「チェミインショップ」では特に外国から孝情天苑・清平聖地を巡礼しに来た食口たちが、韓国の特色あるおみやげが買えるところです。真の父母様が命名してくださったチェミインショップという名前には、「便利さと面白さ(チェミ)」を提供する「粋と興」のある空間という意味が込められています。チェミインショップでは天心湖を眺めながら買い物をすることができ、最も水面から近い位置にあるため、湖水の流れが肌で感じられ、当時真の父母様が釣りをされた雰囲気が感じられます。チェミインショップで買った物は、あたかも孝情天苑・清平聖地を訪問する世界各の国食口たちに真の父母様が下さるおみやげのように感じられもします。
2階に上がると、日本の料理が楽しめる孝情フードコートがあります。真の父母様の清平聖地における草創期のみ言を見ると、各国の文化村についての構想を知ることができますが、孝情フードコートは、日本文化を感じることができる場でもあります。特に外国に住んでいる多くの日本出身の食口たちが母国日本の味を味わうことができるように、真の父母様が配慮してくださいました。天心湖を眺めながら日本料理を味わうと、あたかも真の父母様が「外国生活は苦労が多いだろう?」と慰労してくださる声が聞こえるようです。メニューは日本の料理がメインで、ラーメン類、どんぶり類、トンカツ類、うどん類、そば類の大きく5種類で、現在21の多様なメニューがあります。ラーメン、うどん、そばなどのスープのベースは日本産鰹節です。揚げ物類は注文後に揚げるのでサクサク感が楽しめるのが特色です。また予約をすれば8名が一緒に食事できる別室を利用することができます。
3階のカフェ・コナクィーンズでは特にカフェの本場であるヨーロッパ文化が体験できるところです。真の父母様が愛されるカフェ文化は、真の父母様に対する孝情によって世界各国から集まった食口たちが、コーヒーなどを飲みながら心情交流する真の愛の文化です。
カフェの原形といえる形態が初めて現れた国はオスマン帝国(現トルコ)です。1611年、イスタンブールに店を開いたハネ(Hane)がカフェの原形とされており、フランス人たちがこれをまねて1654年にパリにカフェという名前で開くようになりました。その後フランスではカフェがひとつの文化として定着しました。韓国でも1980年代後半から広がりはじめ、今や韓国の現代文化として定着しています。
天心湖を眺めながらコーヒーを飲むと、米国を中心とした世界摂理の激しい戦いの中で、しばしコーヒーを召し上がられながら休息された真の父母様の心情を感じることができます。メニューは真の父母様が愛されるコナコーヒーをはじめ、各種コーヒー類や飲み物類はもちろん、ケーキなども味わえます。
4階の展望台に上がってみると、入口付近の柱の周りに展示されている釣竿がまず目に付きます。これは真の父母様が実際に使用された釣竿です。釣竿の横には真の父母様の海洋摂理と孝情カフェの関係についての説明がステンレス版に刻まれています。またその横には天心湖と関連した真の父母様の思い出の写真が展示されており、写真の下の説明文を読めば孝情カフェの歴史的な背景をさらに深く知ることができます。
展望台では孝情カフェの最も高い位置から天心湖を眺めることができます。向かい側の左側には高く聳え立つ仙人峰、そして正面の若干右側には天沙場が見えます。天沙場は清平聖地の草創期に真の父母様が「あそこに島があればいいのに」と言われると豪雨による洪水が起き、洪水が引いた後にできた小島です。天沙場のそばには真の父母様が利用された別荘である天遊荘があり、現在は特に夏に天宙清平修錬苑の主管で学生修錬などの場所に活用されています。真の父母様が天心湖で最も多く釣りの精誠を尽くされたところが二カ所ありますが、一カ所は仙人峰の下であり、もう一カ所は天沙場と天遊荘の間です。展望台から天心湖を眺めれば、当時釣りの精誠を尽くされながら世界摂理を準備された真の父母様の心情が感じられます。
このように孝情カフェは、韓国、日本、ヨーロッパの文化を体感した後、展望台では世界を愛してこられた真の父母様の心情を感じて「世界人」となるための聖地であり、また「世界人たちが訪ねて来なければ」ならない聖地なのです。
また、4階には予約制のセミナールームが併設されています。15名まで利用可能で、84インチの大型LEDモニターも共に利用でき、教会単位の各種セミナーはもちろん、神氏族メシヤ活動に利用すれば、天心湖の美しい背景と相まって、教育のシナジー効果が期待されます。


*世界中の子女を孝情カフェに呼びたい真のお母様の心情


*天国のような孝情カフェ


*海外居住の日本食口に対する真のお母様の深い配慮に感動


*「私の愛を見ておくれ」と言われる真のお母様


*「こんなにも美しい所があったなんて!」


*真のお母様の愛が感じられる孝情カフェ

以前 以後 リスト